そうだ、 京都 行ってきた

11/14木曜日。今日は朝から阪急電車に揺られ京都へ。
会社を退職して早半月、今は次の職へ移るまでしばし自由な時間を過ごしています。

猫を本格的に写真で撮り始めてから何度も訪れている京都ですが、いつもは河原町まで電車、
そのあとレンタサイクルといった流れがほとんどでした。今回珍しくは桂駅で乗り換えて、
嵐山方面へやってきました。特に理由はありません。いつものノープランです。(笑)
 
 
午前9時すぎ、秋晴れの嵐山に到着。
嵐山
桂川の流れが穏やかで、とても心地良かったです。
 
 
今年の9月、台風18号による被害が大きかった嵐山でしたが、現在は店舗や旅館も
ほぼ元通り元気に営業されておりました。たくさんの観光客で賑わっています。
渡月橋パノラマ2
しばし桂川沿いを散策。
 
紅葉狩りにはまだ少し早い感じですが、色づき始めた木々もちらほら。
嵐山紅葉2
見頃はやはり11月後半でしょうな。。
(京都新聞の紅葉情報もリンクしておきます。)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/momiji/
 
嵐山紅葉
ちょっぴりフライングしちゃいましたが、ん〜やっぱ京都は紅葉の季節が最高です!
(まあ、桜を見に行ったときは「やっぱり京都は春が最高!」と書いちゃいますがね〜笑^^)
 
 
・・・ 
 

嵐山で秋の京都を堪能したあとは、京福嵐山駅から電車に乗って一路「北野白梅町」へ。
駅徒歩5分くらいにあるKCTP・金閣寺レンタサイクルターミナルで自転車をレンタルしました。
レンタサイクル
移動に便利なのでいつも使っているKCTPのレンタサイクル
今回は8段変速のハイクラス(一日1300円)+錦市場北ターミナルへの返却(400円)計1700円です。
  
 
このレンタル屋さんの良いところは、結構主要な観光地や駅の近くにターミナルがある事でしょうか。
オプション(+400円〜)で他のターミナルへ乗り捨ても可能です。
もちろんネット予約もできますし、経験上朝9時オープン後しばらくは予約なしでも借りれていることが多いです。そして標準搭載の変速が快適。スポーツタイプ以外は前カゴがあるので荷物があるときは有り難い。
 
お値段ですが、京都のレンタサイクルは1日300円〜2000円と店によっても差が大きいため、ここは平均くらいか、高いと思えば高いかもです。
 
悪い点は、良い自転車なのに施錠用の鍵だけが超使いにくいことでしょうか。
4桁のダイヤル式の鍵ですがそれが硬くて重くて番号も覚えづらくて、乗り降りの度にイライラ…。
なんならその鍵は使わず、途中100均でその日だけのキーを買って付けたいくらい。
あと、サドルがめちゃ緩くなりやすいです。本気の力で締めないとお尻の重さですぐ下まで落ちてきます。(あっ、これは自分の体重の問題か・・・?f^^;)

いつも使っているのでレビューっぽいこと書いちゃいました。
ご参考までに。
 
 
さあ、ここからは京都の猫を求めて自転車を走らせます。
鴨川
途中川辺や細い路地を颯爽と通り抜けてはみたのですが、この時期は寒いのでそう簡単には
道ばたで猫とは出会えません。しかも昼下がりは大体屋根の上などで寝ている場合が多く、
本日も猫サーチ(勘)は不発。全然見つかりませんでした。。
 
 
なので、最終は鉄板のあの場所へ。ここは年中見頃です。
cat03
 
cat01
 
cat10

cat02

cat06

cat05
 
cat08 
最後に訪れたのがもう1年以上前。メンツがほとんど入れ替わっていました。
 
 
今日の旅の流れはこちらの27秒動画でも。

※ブレブレ&音注意(笑)

瀬戸内海と猫たち(直島篇)

瀬戸内海と島猫たち(5)の続きです。
 
近頃仕事が忙しくて、なかなか気持ちのON/OFFができておりませんでしたが、
ここへ来てVIVA3連休。気力回復&久々の投稿です。
 
さて前回の瀬戸内海の旅2日目。今日はアートの島、直島にやって来ました!

高松築港から大きなフェリーに乗って約50分。直島の玄関口宮浦港に到着しました。(地図
そこで自転車をレンタル。今回はレンタサイクルで島を巡ることにします。
写真奥は草間彌生の「赤かぼちゃ」。港にあります。

直島には色々なアートプロジェクトがあり、こちらは「家プロジェクト」の一つ「はいしゃ」。(地図

古い住居を修復してアートにしてしまっているのです。

入場料を払えば中にも入れます。(屋内写真撮影不可。)

元々歯医者兼住居だったというこの家。家の中には何故かでっかい自由の女神がありました。
 
宮之浦港から峠を越えて本村地区へ。そしてそこから海岸線を南に向けひたすらサイクリング。

八月の強い日差しの下、アップダウンの道をひたすら汗だくになり進んでいく。
心強いのは昨日の島とは違い、直島は至る所に自販機があること(笑)
水分補給しっかり行いながら、美術館があるエリアに向かいます。^^
 
 
美術館エリア(ベネッセアートサイト直島)に到着しました。
自転車を停め、海沿いの遊歩道を歩いていくと・・・そこにはまたも大きなかぼちゃが!(地図

海に突き出した埠頭の先に不可思議に置かれたこの黄色い「南瓜」
旅雑誌などで見て以来、いつか行ってみたい!と憧れていた場所です。
この度ついにその夢がかないました♪

テンション上がる私でしたが、この暑すぎる日差しのせいで、お客さんはどうやら私一人のよう。
ラッキー!憧れの南瓜をしばし独り占めです^^

ミニ三脚を置いてセルフタイマーで何度も南瓜と記念撮影をしました。
ついでに抱きついたりもしました。もちろん一人で。^^

撮影に夢中になっていると、いつの間にかやって来ていたカップルの視線が・・・^^;^^;
・・・温かに記念撮影をする私を見守ってくれていました。
暑い中、待たせたお詫びに二人の思い出の写真を撮って差し上げました。
ああ、このときばかりは溶けてしまいたかったです。

 
南瓜を後にして、そこから峠道を通り再び宮之浦港へ戻ります。
途中係りの人に「自転車では大変やで~」と言われるほどのその峠は急らしく、無論私以外、
誰も自転車ではその峠道は通ろうとしてませんでした。(下には徒歩の遊歩道があるらしいです。)

レンタル自転車を置いては帰れないので、自転車を押しながら坂を登りました。
途中シャツが汗でビショビショになり気持ち悪かったので、上着のシャツを脱いで下着姿にて走行。
そして30分くらいで何とか頂上に辿り着きました。先ほどいた南瓜の海岸がかなり下の方に見えます。

登りに登った後はどこまでも続く下り坂が待っていました。風を切って狭い道をどんどん下っていきます。
目の前に広がる超開放的な景色を見て、「俺は今、夏休みをモーレツに堪能している!」と、感動にも
近い異様なテンションで自転車を飛ばしました。

道中いくつかの魅力的な美術館がありましたが、入場料がハンパ無く高かったのと、
下着姿だったので人目につかぬようここは全力でスルー。上着を乾かしながらひたすら宮之浦港を目指しました。

峠の途中には、こんな可愛い停留所が。「いつでもネコバスくるよ」

「ネコバスか~、いつか来るといいな~。」とその時は思いましたが、実は、そのとき僕が
気付かなかっただけでもしかしたら来ていたのかもしれませんね~。(地図

もうとっくに大人(おっさん)ですが、子どもの頃のピュアな気持ちは心のどこか永遠持ち続けたいものです。。

・・・

ネコバスには会えなかったものの帰ってきた宮之浦では、可愛いネコに出会えました。

ガラスの自分を眺める茶トラくん。
 
 

 
 
直島の銭湯「I♥湯」の前にには可愛い兄弟ネコです。(地図

 
 

しばしネコと戯れていると、さっきまで晴天だった空が、いつの間にか夕立の気配・・・。
 
雨宿りを兼ね、目の前の「I♥湯」に入浴することにしました。

何も持ってきてなかったので、こちらの入浴セットを購入。あとノリでTシャツとカラータオルも買っちゃいました。
 
平日の午後早めということでお風呂も南瓜と同様、私一人で貸しきり状態でした。
(お風呂の中はこんな感じです。↓)

昔ながらのスタイルの銭湯ですが、脱衣所から風呂場の至る所に様アート(小ネタ)が仕組まれており、
夕立が止むまでしばし、温かいお湯とそのユーモアな内装を眺めてリラックスしました。

お風呂でサイクリングの汗を流した後は、港で船を待つ間お土産タイム。
帰りのフェリーはもちろん爆睡でした。^^

さすがはアートの島、直島。見所がたくさんありとても楽しかったです。
とは言え、美術館などを含めその全貌をまだ見れていないので、必ず再訪したいと思います。

つぎはゆっくりバスで回ろうかなあ。
 
瀬戸内海と島猫たち(5)へ戻る
瀬戸内海と島猫たち(4)へ戻る
瀬戸内海と島猫たち(3)へ戻る
瀬戸内海と島猫たち(2)へ戻る
瀬戸内海と島猫たち(1)へ戻る 

京都レンタサイクルのすすめ

10/9、京都をレンタサイクルで回ってきました。

普段は電車やバスを乗り継ぎ、様々なスポットを巡るのことが多いですが、
この日は晴れていたので錦市場界隈にあるレンタサイクル屋で自転車をゲット。

河原町→祇園→南禅寺→哲学の道→京都御苑→河原町→清水寺→京都駅→河原町
ひたすら走りまくりました。その約距離17km。^^;

御苑で休憩がてら記念撮影。

最後の方はオケツ痛くてヒーヒー言いながら戻ってきましたが、
バスや電車では行けないマニアックな路地も回りつつ、充実した休日を過ごしました。

そして道の途中で見かけた猫君です。

「何者?」とこちらを伺い見てる瞬間の撮影に成功しました。
レンタサイクルだとこういう出会いが多くて楽しいです。

今回自転車をお借りしたのはこちら↓
「自転車で旅する京のまち 京都サイクリングツアープロジェクト kctp」さん
http://www.kctp.net/jp/rental/rental.html

普通のシティサイクル(変速付き)からマウンテンバイクみたいなものまで1,000~2,000円/日で揃っています。
※確実に好きなサイクルをゲットするには事前予約をお奨めします。

撮影場所:京都

Latest Post

Archive

New Comment

フォトニャンについて

当サイト、ブログ内で掲載している写真、文章等の無断転載・使用・配布はお断りしています。
お問い合わせや、写真使用のご依頼等は「メールフォーム」より受け付けていますので、ご利用ください。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックお願いします。