神戸

フレームイン#神戸猫 #fotonyan #猫 #cat #igclubcats

10月末、仕事で2日ほど神戸に帰っていました。

2時間ほどの自由時間、プラプラ三宮を散歩。

やっぱり好きな町。歩いているとどんどん行きたい所が出てきて

三宮〜モトコー〜ハーバーランド〜南京町…

気が付けば3年前の三都猫絵巻の撮影と変わらぬ定番ルートを巡っていました。

途中、神戸猫にもチラホラ遭遇。

もしあのまま関西で仕事を続けていたら、毎年ここで猫を撮り続けていただろうか。

写真・猫・動物・仕事なんでも楽しく話せる仲間がいた頃

今思えばとても充実した日々でした。

今が辛いというより、神戸にいた頃が恵まれ過ぎてていたのか。

いつかまたあの頃のような充実した日々を送りたい。

そんな事を夢見ています。

黒猫日和

hikuroneko
伊豆の浜辺にいた黒猫。
 
 
 
hikuroneko01
今日もゆっくりとした時間が流れています。
 
 
 
(taken with)
LUMIX DMC-G6(LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S. H-HS35100)
 

伊豆七島

izunanatou
伊豆諸島は大小100余りの島からなるらしいんですが、
その中で主な有人島「伊豆七島」。その名前と読み方を北から順にご紹介します。
 
 
伊豆七島 are 
 
伊豆大島(いずおおしま)
利島(としま)
新島(にいじま)
神津島(こうづしま)
三宅島(みやけじま)
御蔵島(みくらじま)
八丈島(はちじょうじま)
 
 
伊豆半島の伊東からも天気がいい日は、伊豆大島が見えたりします。
izunanatou2
 
 
東伊豆町からは利島(左)や新島(右奥うっすら)も。
izunanatou3
日本地理のテストに出ることはほとんどなさそうですが、
この7島が分かれば伊豆諸島に詳しいふりくらいはできるかもです。
 
 
(taken with)
LUMIX DMC-G6(LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S. H-HS35100)
 

ストーリー

atagawa1408_02

ドラえもんとか一話ごとに完結するストーリーを見ていると、

どんな結末になろうと、次の話では状態がリセットされている。

実際の人生も今日起きたイヤなことが、明日には全て忘れ去られていたら

どんなに幸せなことだろうか。

当たり前だけどそれは無い。得たり失ったりしたモノもそのままの状態で継続されている。
 
 
しかし、人生にも「節目」っていうシーンがいくつかあるわけで、

その瞬間に今までのストーリーが終わり、新しいストーリーが始まっているように思う。
 
 
たとえば、自分の思い通りに物事が運ばなかったとき、

「これで良いや」と気持ちを切り替えて、新しい道を模索したとき”話(ストーリー)”が切り替わる。

逆にいつまでもこの状況を引きずっていると、次の新しいストーリーは始らない。
 
 
今が満足ならこの回のストーリーをずっと終わらせなければいいし、

不満足ならば、なんらかの「節目」を作ることで今のストーリーを終わらせることができる。

そうすると、全てではないが一部の状況がリセットされることもある。
 
 
自分はもうかれこれ、何話分くらい自分のストーリーをリセットしてきたのだろうか。

その数が多いか少ないか、どちらが良いのか分からないけど、

上手く行かないときは小さな部分でもいいから、どこか気持ちに節目を付けてみる

好転できればラッキーだなと思う程度、期待はせずに・・・。

 
 
 
 
(taken with)
LUMIX DMC-G6(LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S. H-HS35100)
モノクロ加工

神戸・猫絵巻(その7)&掲載のお知らせ!

超間が空きましたが、前回に引き続き今回も「神戸・猫絵巻」で展示した猫たちです。
山から街を経ていよいよ海(みなと)へ、今回がラストです!

No.17
17m海辺のポートレート01
No.18
18m海辺のポートレート02
【title】「海辺のポートレート」(場所:神戸のみなと)
【caption】小さな漁港で暮らす彼らの素顔
【camera】Nikon D90

【撮影エピソード】
神戸はイカナゴとか有名な割に意外と漁港が少なめです。そんな中、昔からある漁港を訪ねると
そこには猫の姿が。漁に使う道具(?)の青色と赤色と対比するように並べてみた2枚組作品です。

No.19
19mボクの船だい!
【title】「ボクの船だい!」(場所:神戸のみなと)
【caption】将来船乗りになるのが彼の夢です。
【camera】Nikon D90

【撮影エピソード】
こちらも漁港での1枚。将来は船を所有してたくさんの魚を捕ってみたいにゃ!って。
ある小さな黒猫くんの夢を勝手に妄想してみました。

No.20
20m神戸の街に夜が来る
【title】「神戸の街に夜が来る」(場所:神戸のみなと)
【caption】爪をとぎに登った木で。「今夜は雨の予感だにゃ。」
【camera】GR DIGITAL Ⅳ

【撮影エピソード】
ある秋の日の夕方、一匹の黒猫が僕の目の前に現れヤシの木にひょいっと登り始めました。
木の上で爪を研ぎ始めたのでチャンスと思いシャッターを切りました。
物思いに空を見上げるので何かと思うと、ポツリポツリと雨粒が落ちて来ました。
撮影場所は神戸のシンボルである某タワー下です。

神戸猫ツアー。最後は夜の港に辿りついた感じでフィニッシュです。

神戸で本格的に猫写真を撮り始めたのは企画への参加が決まった
2012年の6月頃からです。当時西宮在住でしたので神戸までは毎回電車で通い、
展示までに計13回の現地撮影を行いました。

神戸は坂道が多く猫も沢山いるかと思っていましたが、意外と少ないものでして、
撮影当初は街を一日歩いてもほとんど出会えずに終わる日もありました。
しかし、時間や場所を変えて歩くとまさかの場所で出会えたり、まるで宝探しを
しているかのような楽しさがありました。

神戸での撮影を通じ、猫と触れ合った日々が今となっては本当良い思い出です。
これも企画へお誘い下さった桐生明さん、そして以前よりご縁があった山本ヒロタカさんとの出会いが
あってこそです。自分は良い人に恵まれています。
そして見に来てくださった方、スタッフさんに感謝です。

またいつかお二人と三都(?)企画やりたいなあ。

【神戸・猫絵巻シリーズ】
その1 その2 その3 その4 その5 その6

それとお知らせです!!
先日5/20発売のムック本「岩合光昭さんセレクト 141ニャンコ」(朝日新聞出版)に
作品が掲載されました〜!
10407838_569704476478489_5463326832717762766_n
以前「アサヒカメラ ネコ写真コンテスト」に応募した際、この企画へのご招待を頂きました。
3枚出してたのですが、コンテストにはすべて落選。肩を落としてた所へ敗者復活の如くまさかの
掲載オファーのハガキが届いたという流れで、もうマーキングものです。
3枚中の1枚、サイト未公開作品を岩合さんに選んで頂きました!
Ryusukeではなく実名で登場(笑)しているので、どれか分かるかなあ。(ヒント:白猫&野球少年)

ともあれ岩合さんとアサヒカメラ編集部さん、アマチュア猫カメラマンに
こんな機会を与えてくださりありがとうございます。
ちょい休憩気味ですがまた良い写真が撮れるようにこれからも頑張りたいと思います!!

「岩合光昭さんセレクト 141ニャンコ」色んな作家さんの力作揃いですので是非ご覧ください。
アノ方も載ってられました!!!

Page 1 of 512345

Latest Post

Archive

New Comment

フォトニャンについて

当サイト、ブログ内で掲載している写真、文章等の無断転載・使用・配布はお断りしています。
お問い合わせや、写真使用のご依頼等は「メールフォーム」より受け付けていますので、ご利用ください。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックお願いします。