minatoito01のコピー
関西を去り伊豆へ来て早10ヶ月です。

夏も過ぎいよいよ収穫の秋・・・と行きたい所ですが。
何事に置いてもまだまだ試行錯誤の連続です。 

先日サイトのサーバーを安いプランに切り替えたのもあり、
少しですがサイトの中身と携帯(スマホ)サイトもリニューアルしました。

伊豆ネコ写真もストックが増えてきましたので、
ブログも少しずつ更新頻度を上げていきたいと思います〜。
 
 
(taken with)
LUMIX DMC-G6(LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S. H-HS35100)

世界観

ito201408

今回はカラパイアさんにあった記事をご紹介。

参照記事:「フランス人写真家が撮影した、日本にいる路地裏の猫たちの写真」(カラパイア)

フランスの写真家アレキサンダー・ボンヌフォアさんが撮影した日本の猫たち。
その写真が素晴らしい。ってか被写体の猫とその構図など完全にオイラ好みの世界観(作風)です。

こんな風に猫と景色を切り撮れたらなあ。
 
Works are really great. Thank you for taking the cats photo of Japan!
Merci d’avoir pris la photo de chats Japon!
 
写真家さんのサイト:
Une vie de chat au Japon en 25 photos. (Editions Issekinicho)
http://www.issekinicho.fr/editions/une-vie-de-chat-au-japon-en-25-photos/

写真集も買えるらしいが、購入画面がややこしい。でも欲しい、、(Amazonで出てほしいなあ。)
nekoland
http://www.issekinicho.fr/editions/produit/neko-land-2/
 
 
(taken with)
LUMIX DMC-G6(LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S. H-HS35100)
 
 

神戸・猫絵巻(その7)&掲載のお知らせ!

超間が空きましたが、前回に引き続き今回も「神戸・猫絵巻」で展示した猫たちです。
山から街を経ていよいよ海(みなと)へ、今回がラストです!

No.17
17m海辺のポートレート01
No.18
18m海辺のポートレート02
【title】「海辺のポートレート」(場所:神戸のみなと)
【caption】小さな漁港で暮らす彼らの素顔
【camera】Nikon D90

【撮影エピソード】
神戸はイカナゴとか有名な割に意外と漁港が少なめです。そんな中、昔からある漁港を訪ねると
そこには猫の姿が。漁に使う道具(?)の青色と赤色と対比するように並べてみた2枚組作品です。

No.19
19mボクの船だい!
【title】「ボクの船だい!」(場所:神戸のみなと)
【caption】将来船乗りになるのが彼の夢です。
【camera】Nikon D90

【撮影エピソード】
こちらも漁港での1枚。将来は船を所有してたくさんの魚を捕ってみたいにゃ!って。
ある小さな黒猫くんの夢を勝手に妄想してみました。

No.20
20m神戸の街に夜が来る
【title】「神戸の街に夜が来る」(場所:神戸のみなと)
【caption】爪をとぎに登った木で。「今夜は雨の予感だにゃ。」
【camera】GR DIGITAL Ⅳ

【撮影エピソード】
ある秋の日の夕方、一匹の黒猫が僕の目の前に現れヤシの木にひょいっと登り始めました。
木の上で爪を研ぎ始めたのでチャンスと思いシャッターを切りました。
物思いに空を見上げるので何かと思うと、ポツリポツリと雨粒が落ちて来ました。
撮影場所は神戸のシンボルである某タワー下です。

神戸猫ツアー。最後は夜の港に辿りついた感じでフィニッシュです。

神戸で本格的に猫写真を撮り始めたのは企画への参加が決まった
2012年の6月頃からです。当時西宮在住でしたので神戸までは毎回電車で通い、
展示までに計13回の現地撮影を行いました。

神戸は坂道が多く猫も沢山いるかと思っていましたが、意外と少ないものでして、
撮影当初は街を一日歩いてもほとんど出会えずに終わる日もありました。
しかし、時間や場所を変えて歩くとまさかの場所で出会えたり、まるで宝探しを
しているかのような楽しさがありました。

神戸での撮影を通じ、猫と触れ合った日々が今となっては本当良い思い出です。
これも企画へお誘い下さった桐生明さん、そして以前よりご縁があった山本ヒロタカさんとの出会いが
あってこそです。自分は良い人に恵まれています。
そして見に来てくださった方、スタッフさんに感謝です。

またいつかお二人と三都(?)企画やりたいなあ。

【神戸・猫絵巻シリーズ】
その1 その2 その3 その4 その5 その6

それとお知らせです!!
先日5/20発売のムック本「岩合光昭さんセレクト 141ニャンコ」(朝日新聞出版)に
作品が掲載されました〜!
10407838_569704476478489_5463326832717762766_n
以前「アサヒカメラ ネコ写真コンテスト」に応募した際、この企画へのご招待を頂きました。
3枚出してたのですが、コンテストにはすべて落選。肩を落としてた所へ敗者復活の如くまさかの
掲載オファーのハガキが届いたという流れで、もうマーキングものです。
3枚中の1枚、サイト未公開作品を岩合さんに選んで頂きました!
Ryusukeではなく実名で登場(笑)しているので、どれか分かるかなあ。(ヒント:白猫&野球少年)

ともあれ岩合さんとアサヒカメラ編集部さん、アマチュア猫カメラマンに
こんな機会を与えてくださりありがとうございます。
ちょい休憩気味ですがまた良い写真が撮れるようにこれからも頑張りたいと思います!!

「岩合光昭さんセレクト 141ニャンコ」色んな作家さんの力作揃いですので是非ご覧ください。
アノ方も載ってられました!!!

LUMIX G6で猫を撮る

めちゃくちゃ迷ったんですが、増税前に清水の舞台から飛び降りました。
lumixG6
自分にとっては初のマイクロフォーサーズマウント「LUMIX DMC-G6」を購入しました。

スターターのレンズは2本。
ボディとセットの標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6」と、
望遠ズームレンズ「LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S.」です。

マイクロフォーサーズマウントのカメラにした理由としては、やはり小型ということ。
小型ミラーレス一眼用にレンズも小さく軽く作られています。
今までは一眼レフでどうしてもレンズがかさ張り、鞄に入れて一日歩けば肩がパンパンに
なってしまいましたが、これらの苦痛も半減されそうです。
 
 
 
で、早速伊豆の港にいたノラ猫を撮ってみました。
lumixG6_02
G6とセットで付いていた高倍率ズーム「LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6」での撮影。
暗所なのでISO3200まで上げていますが、粗れも目立たず綺麗に撮れました。
 
 
今回手に入れた「LUMIX DMC-G6」。
私の勝手な思い込みなんですが、パナソニックのLUMIXシリーズってコンデジも一眼も
なんか女性&ビギナー向けな印象。また動画撮影に力入れているところから、純粋に
写真を楽しむカメラとしてはやや物足りないのでは?と購入前少し抵抗がありました。
 
 
しかーし、そんな固定概念なんて、この「便利な機能」の存在を前にして吹き飛びました。
lumixG6_05
タッチパッドAF
この「タッチパッドAF」。電子ファインダーを覗きながらタッチパネルモニターに
触る事で、フォーカス位置を好きな場所に調整する事ができます。

今までAFでピントを合わすとき、猫が動いてピントがズレしまったり、
絶好のシャッターチャンスにAFが猫ではなく他の物に合うといった事例が多かった小生。。

そんな悩みが解消できればなあという思いで選びました。
lumixG6_04
以前同じミラーレスのNikon V1を使っていましたが、AFのスピードはやや劣るような感じ。
でも根本の悩みが解消できたことは有り難いです。。
 
 
「文句無し」と行きたかったところですが、こんな事例も。
lumixG6_03
鉄格子や網が被写体の前にあると、タッチパッドAFのカーソルを猫の顔に持っていっても
ピント位置が手前の格子に合うことがあります。100%万全とは行かないみたいです。
 
 
でも同じマイクロフォーサーズの人気機種OM-Dとかに比べるとまだまだお手頃価格。
タッチパッドAF」という猫撮りにとても役立つ機能を持った「LUMIX G6」。
今年はこのカメラで撮り続けたいと思います。
 
 
タッチパッドAFの紹介は1:37〜辺り。

そこに海がある暮らし

さてここはどこでしょう・・・。

港
本州のちょうど真ん中辺りのお腹側。静岡県の伊豆半島にある小さな港町です。

そして、ここが僕の新しいフィールドであります。

去年の9月に長年勤めていた大阪の会社を辞め、転職でこちらへやってきました。

自分でも転職は関西か四国だろうと思い込んでいたのもあり、
お声がけ頂いてからも勤務地が静岡県になるっていうことは、正直実感が持てずにいました。

しかしあれよあれよと話が進み、2013年の12月初旬には現地入り。
プライベートですら訪れたことがない伊豆半島での新生活が始まりました。

それから約1ヶ月半が経過。仕事や生活にもようやく慣れはじめ、
色々な手違い等で全然繋がらなかったネットも今週やっと開通したという流れです。

そしてブログも本格的に更新です。

大室山
ざっくりと書いた12月から現在までですが、その間色々ネタになりそうな
物や観光地など、るるぶ片手に休みの日に出かけています。

伊豆は行楽地ということもあり、いろんなスポットがいっぱいです。
全然回りきれていないです。

地図
これから少しずつですが、訪れた場所をブログにてご紹介していければと思います。

もちろん猫たちも撮り始めていますよ!
港猫
(FUJIFILM XF1)

半島の周囲いたるところ漁港があり、猫もたくさん住んでいる模様。
伊豆中の港を巡り、伊豆猫を撮りまくりたいところです。

思い起こせば去年の今頃「三都猫絵巻」に向けて神戸猫を追っかけていましたが、
今まさかの静岡県。そしてそこに海がある暮らし。(海辺に住んだ事なんて無かった。)
人生どこでどうなるかわからんですな。

Page 1 of 212

Latest Post

Archive

New Comment

フォトニャンについて

当サイト、ブログ内で掲載している写真、文章等の無断転載・使用・配布はお断りしています。
お問い合わせや、写真使用のご依頼等は「メールフォーム」より受け付けていますので、ご利用ください。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックお願いします。