Samyang 7.5mm F3.5 フィッシュアイ

1502cat
以前よりiPhoneではフィッシュアイレンズを使用していましたが、一眼でもついに導入。

サムヤンという韓国製フィッシュアイ(魚眼)MFレンズです。
MFなのにフォーカスリングが重いのが難点ですが、慣れればそれ程苦無く使えています。
価格もオリンパス製の魚眼に比べのほぼ半額なので、コスト面は非常に満足。
マイクロフォーサーズで魚眼デビューしたいものの、本当に撮りたい作風に合うか分からない
または、風景などあまりフォーカスリングを触らない撮影がメインの方は、「お試し魚眼」
として購入するのもいいかも知れません。リスクの少ないお手軽レンズだと思います。

 

伊豆の奇祭に行ってきた(その2)

前回からの続き

チョウチンにひかりが灯り、いよいよ第49回どんつく祭が始まろうとしています。
dontsuku2014_08
 
 
お祭り会場となる温泉街のメインストリートには、老若男女たくさんの人たちが集まり始めました。
dontsuku2014_09
 
 
会場では御神体を乗せた御神輿が3つ奉られています。
dontsuku2014_17
御神体には自由に撮影や触れるこだって可能です。
 
 
小規模ながら屋台も出ており、美味しそうな焼き物からこんな珍品まで売られています。
dontsuku2014_18
ソーセージを使ったもっとヤヴァい珍料理もありましたが、ここでは自粛。。
 
 
さて、19時15分からは祭の始まりです。
dontsuku2014_10
大きな神輿を担ぎ空き地にできた特設ステージへ。
 
 
そこで厳かにお祓いを受けた後、神主と町長ならびに実行委員の方々が開幕を宣言。
dontsuku2014_11
第49回どんつく祭りがスタートしました!
 
 
大小3体の御神輿が街を練り歩きます。
dontsuku2014_12
写真だけ見ればなんとも珍風景でイヤラシく見えるかもしれませんが、
会場では不思議とそんなノリはなく、老若男女が純粋に地域のお祭りとして楽しんでいます。
 
 
パチンコ(射的)屋の前を練り歩く御神輿。
dontsuku2014_14
ロケハンしたときに明らかに狙って撮ろうと決めていましたが、
何かヨコシマな考えしててすみませんって思いにかられました。^^;
 
 
可愛い紺とピンクの腹掛けをした若い女性が担ぐ、ギャル神輿もあり。
dontsuku2014_15
実行委員の方が「参加型のお祭りです。」と言っており、一般の観光客から地元民まで
誰もがこの御神輿を担ぐことができます。
 
 
その他地元の有志による「どんつく太鼓」や餅投げ、覆面をした人の踊りなど、
御神輿以外にも色々な見どころがあるどんつく祭りです。
dontsuku2014_16
 
 
そしてフィナーレは花火!
dontsuku2014_01
事前に募集したメッセージを読み上げてから打ち上げるメッセージ花火などもあり、
何か最後は爽快かつ心温まる気分でのお開きとなりました。
 
正直最初は卑猥っぽく思っていましたが、伝統を守りながら地元の温泉街を盛り上げようとされている
有志の方々の姿を見て心が浄化。汚れてたな自分〜(笑

お祭りは2日間にわたって開催されるのですが、僕が参加したのはその初日。
来年は2日目に行ってみようかなと思います。
 
 
天下の奇祭「どんつく祭り」
“いにしえより稲取に伝わる、夫婦和合、子孫繁栄、無病息災を祈願するお祭り”
会場: 稲取温泉温泉街会場
住所:静岡県東伊豆町稲取1568付近(マップ
主催:稲取温泉観光協会(公式サイト
公共交通:伊豆急行伊豆稲取駅から徒歩約15分
駐車場:近くにほとんど無い模様。(色んな場所が閉鎖されてます。)
    マッ○ス○リューが停めれそうだがダメか・・・?
 
 
(taken with)
iPhone5S:③、⑧⑨(fisheyeレンズ装着)⑪ (instagram) 
LUMIX DMC-G6:①②④⑤⑥⑦⑩(キットレンズ使用)

満開の河津桜を撮ろう!

伊豆には春を先取りできる「河津桜」という早咲きの桜があります。
河津桜01
2月頃から咲き始め、3月の上旬には満開になるという早春の風物詩です。
  
 
3月4日に訪れましたがもう満開です。
河津桜06
先日の大雪では伊豆も一面銀世界になりましたが、それでも力強く耐え花を見事に咲かせました。
 
 
見上げれば優雅に咲き誇る花びらたち。言葉を失うほど見とれてしまいます。
河津桜05
 
桜色した川沿いの道。iPhoneにフィッシュアイレンズを付けて撮ってみました。
河津桜02
日本の原風景。静かに楽しむなら観光客が少ない午前中に訪れるのがベストかもしれません。 
 
 
めったに撮らないマクロにも挑戦。
河津桜03
こちらもiPhoneにマクロレンズを付けての撮影。思いのほか超接写できます。
(使用したレンズは下でご紹介)
 
 
そしてこの日は、以前よりブログで交流があった、
sango8さんと現地で初めてお会いする事ができました!
現在同じ静岡県にご在住ということで、旦那さまと遥々天城越えして来てくださいました。
河津桜まつりの会場にてお昼をご一緒し、カメラや近況の話また
共通の知り合いであるHirotakaさんの話(笑?)など色々お話ができました。
短い間でしたが本当楽しい時間が過ごせました。ありがとうございました!^^
 
 
ご夫婦とお別れした後も歩き続け、気がつけば朝から軽く6時間も歩いていました。
河津桜04
最後はクタクタになり川沿いにある「ロカンタ」という小洒落たカフェで休憩。
 

 
 
河津では猫も探していましたが、人が多すぎるせいかほとんどいませんでした。
河津猫01
辛うじて児童公園にいた彼が唯一発見できた茶白くん。
河津桜とのコラボ写真は構図が気に入らないのでボツです。^^:
 
 
来年もチャレンジです。

【情報サイトリンク】
伊豆河津桜まつり情報局
河津町ライブカメラ(咲き具合や会場の状況が見えます)
 
(taken with)
①⑥:iPhone5S ②:GR DIGITAL IV ③⑦:Nikon D90 
④⑤:iPhone5S(with micro & fisheyelens) 
↓撮影に使用したマクロとフィッシュアイが両方楽しめるレンズキットです。(iPhone5&5S対応)
  

 

海辺の溜まり場

前回の浜辺からほど近い海辺に・・・
ネコの溜まり場01

 
ネコの溜まり場がありました。 
ネコの溜まり場03

 
みんな気ままに健やかに生きています。
ネコの溜まり場02
 
 
ゆっくり時間が流れています。
ネコの溜まり場04
 
 
「あったかいにゃ〜」
ネコの溜まり場06
 
 
「また来いよ〜」
ネコの溜まり場05
ネコが幸せそうに生きる場所は、きっとヒトにもよい場所です。 

 
 
(taken with)
①③④:GR DIGITAL IV ②⑥:FUJIFILM XF1 ⑤:iPhone5S(with fisheyelens)
   

Latest Post

Archive

New Comment

フォトニャンについて

当サイト、ブログ内で掲載している写真、文章等の無断転載・使用・配布はお断りしています。
お問い合わせや、写真使用のご依頼等は「メールフォーム」より受け付けていますので、ご利用ください。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックお願いします。