映画『先生と迷い猫』まちねこフォトコンテスト

fotonyan.mayoineko

映画『先生と迷い猫』2015年10月10日(土)公開の「まちねこフォトコンテスト」に入賞しました!

 

 

「伊豆急行賞」と「劇場賞」という賞に選んで頂きまして、

伊豆急行の車内と、映画館はT・ジョイリバーウォーク北九州という劇場にて掲載してくださるそうです。

映画『先生と迷い猫』2015年10月10日(土)公開のまちねこフォトコンテストに入賞しました!只今伊豆急行車内に作品が展示されています〜。 #伊豆猫 #fotonyan #猫 #猫部 #伊豆 #伊豆急 #先生と迷い猫 #映画
只今伊豆急行車内に作品が展示されています〜。



9月21日、実際に乗ってきました。伊豆を離れ2ヶ月。

作品は伊豆在住時、伊東市で撮影したものだったのですが、

慣れ親しんだ伊豆急にこうやって飾って頂けるのは何だか感慨深いです。

ありがとうございます。

車内はたくさんの猫写真に囲まれ、素敵な空間でした。

電車運行の詳細は下記の通りです。

映画「先生と迷い猫」公開記念号(ねこずくめ号)の運行(webサイトより転載)

(1)運行期間 平成27年9月18日(金)~10月末(予定)

※清掃や検査により運転しない日もございます

(2)運行区間 JR熱海駅~伊豆急下田駅間

(3)車両編成 伊豆急8000系3両編成

※別の3両をつなげて6両編成で運転する場合もございます

映画も伊豆でロケを行ったそうで、10月に観に行こうと思います。

皆様もぜひ劇場へ!

全国の劇場情報

コツコツ

ジ•イズノナツ

人間、何事もコツコツやるのが一番だと思わんかね。

 

コツコツ行った先にはきっと綺麗な景色が待っている。

 

コツコツやれば、きっと誰かが見ていてくれる。

 

あのヒーローだって、裏ではコツコツやっているんだぞ。

 

    

コツコツやろう。焦らずに。

 

コツコツ越えよう。やな事も。

 

コツコツ生きよう。夢もって。

 

コツコツ買おう。宝くじ。

 

 

コツコツ頑張っていれば今頃…。

って思う事が多い僕が、

昔の僕に言いたい事です。 

 

人生まだまだこれからだと思う人!

 頑張りましょう!

 

#浅い話

I don’t want to leave …

I don't want to leave ... #this伊豆beautiful #伊豆 #イズソラ

ついこの前、年が明けたと思えばもう夏が来る。

 

かれこれ伊豆に来て1年半が経つが、やはり夏が一番好きだ。

 

レトロで静かな伊豆の街並みが、少し賑やかになる季節。

 

たくさんのお客さんが綺麗な海を求めやってくる。

 

クタクタになるまで遊んで入る温泉。

 

瑠璃色の海を見ながらバーベキュー。

 

自然に抱かれ過ごす夏の日々。

 

いい思い出を今年も伊豆で作りたかったな。

 

Get Wild 小室山

伊東市内にある小室山(こむろやま)に登ってきました。

小室山02

伊豆高原にある大室山(標高580m)に対し小室山は321mと名前の通り小ぶりな山ですが、

眺めは大室山に負けないくらいとても気持ちの良いパノラマビューです。

 

 

頂上には観光リフト(往復470円・片道240円)で簡単に行けますが、大室山とは違い徒歩でも

登頂が可能です。運動不足にはちょうどいいウォーキングコースになっています。

小室山04

途中恐竜やマンモスがいるワイルドなゾーンがありますので、

自身も含めお弁当などを狙われないように注意しましょう。&タフな方は是非徒歩で。

小室山頂上は海に近く、風が強いです。

小室山01

ここは大室山と同じく帽子やカツラを飛ばされないように注意しましょう。

海の向こうに伊豆大島がよく見え、ワイルドな自然を味わえます。

 

 

小室山06

天気がよければ大島とは逆方向に富士山も見えます!

 

 

非ワイルド系な皆さんには頂上に「ぞうがん美術館」という施設がありますので、

ゆっくりアートを楽しむのも良いです。

小室山03

撮り鉄の皆さんには・・・ほら、眼下に伊豆急ですよ!

 

そして、ここ小室山では毎年4月29日~5月5日に「つつじ祭り」が開催されています。

小室山05

お子さん+お婆ちゃんやお母さんを連れてくると喜んでもらえるかもしれません。

 

〔小室山へのアクセス〕

JR伊東駅より東海バス「小室山リフト」行き「総合グラウンド」下車すぐ

伊豆急行線「川奈」駅 徒歩約20分(坂道かなり歩くぞ!)

駐車場:無料あり

 

大室山は超巨大ピ○?!

伊東市の伊豆高原エリアにはシンボル的な山があります。

大室山(おおむろやま)標高580メートル。

地図

お茶碗をひっくり返したようなまん丸い形状で、見た目にも可愛らしい山です。

大室山は約4000年前に噴火した単成火山だそうで、その溶岩流が海へ流れ込み

あのサスペンス劇場でおなじみの城ヶ崎海岸の崖を形成しました。

(ちなみに単成火山ということで、再び噴火することはないそうです。)

観光リフト(有料)で頂上にも簡単に登れます。(往復で大人500円)

大室山04

これは降りている写真ですが、景色を楽しめて爽快です。

大室山01

頂上には遊歩道が整備され火口の周りをぐるっと一周することもできます。

その間の景色は素晴らしいの一言。大パノラマです。

晴れていたら伊豆大島や富士山も見れます。

大室山03

また火口の底にも降りることができ、アーチェリーも楽しめます。

iconprofile

頂上は風が強いです。帽子やカツラは飛ばされないように注意しましょう!

(マジで飛んでいきます。)

毎年2月には山焼き、9月には頂上で名月を見るイベントなどがあり観光客で賑わいます。

大室山は季節によって

冬はカフェオレ色、山焼き後はチョコレート色、夏は抹茶のような色をしています。

pino

それ故に「超巨大ピノ」という見方をしている住民も少なくないです。多分。

〔大室山へのアクセス〕

 JR伊東駅より伊豆シャボテン公園行きバス約40分(710円)

 駐車場:約100台(無料)



 「伊豆高原駅」(伊豆急)からもバスが出てるそうです。

 歩きやチャリではたぶん無理です。坂道過ぎて辿り着けません。

1 / 41234

Latest Post

Archive

New Comment

フォトニャンについて

当サイト、ブログ内で掲載している写真、文章等の無断転載・使用・配布はお断りしています。
お問い合わせや、写真使用のご依頼等は「メールフォーム」より受け付けていますので、ご利用ください。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックお願いします。