海辺の溜まり場

前回の浜辺からほど近い海辺に・・・
ネコの溜まり場01

 
ネコの溜まり場がありました。 
ネコの溜まり場03

 
みんな気ままに健やかに生きています。
ネコの溜まり場02
 
 
ゆっくり時間が流れています。
ネコの溜まり場04
 
 
「あったかいにゃ〜」
ネコの溜まり場06
 
 
「また来いよ〜」
ネコの溜まり場05
ネコが幸せそうに生きる場所は、きっとヒトにもよい場所です。 

 
 
(taken with)
①③④:GR DIGITAL IV ②⑥:FUJIFILM XF1 ⑤:iPhone5S(with fisheyelens)
   

波の音を聴きながら

下田にある綺麗な砂浜。
弓ケ浜猫003

昼寝をする一匹のトラがいました。
弓ケ浜猫002

ふと立ち上がったと思ったら・・・
弓ケ浜猫005
 
 
・・・ 
 
 
場所を変え二度寝。^^; 
弓ケ浜猫01

 
 
波の音がどこまでも心地良かったです。
弓ケ浜猫00
(taken with GR DIGITAL IV)

 
 
【おすすめカメラ&本】
画像設定などの参考にしています。↓
 

 
  

稲取港をGR&XF1で撮る

伊豆へ来てから、こちらでの撮影はコンパクトデジタルカメラが主流になりつつあります。

一眼レフは良いのですが、持ち運びを考えると軽い方がやはり魅力でして・・・
FUJIFILM XF1“と”GR DIGITAL IV“というコンデジ2台持ちで色々巡っています。

今回は賀茂郡東伊豆町にある稲取港にて撮影してきました。
稲取港
稲取港をモノクロで。(FUJIFILM XF1)

続いてはGR DIGITAL IVで撮ったものを。こちらはブリーチバイパス(銀のこし)という画像設定で、
どことなくノスタルジーな雰囲気へ加工してみました。

稲取港2
上空に飛んでいるのはおそらく自衛隊か何かの飛行機です。(GR DIGITAL IV)
  
稲取港3
土日祝は朝市も開かれ賑わう港らしいですが、一角にはこんな味のある場所もありました。
(GR DIGITAL IV)
 
さらに漁港内を散策していると・・・
稲取猫
いました!稲取猫です!(GR DIGITAL IV)

稲取猫2
横顔 (GR DIGITAL IV)

稲取猫3
アップも可愛いコです。 (GR DIGITAL IV トリミング)

稲取猫4
しかしエサをひたすら強請ってくる図々しいヤツでした・・(あげないと外方向く)^^;
(GR DIGITAL IV)

稲取
最後は港から少し離れた海岸にて。天使の梯子が美しかったです。
(FUJIFILM XF1)

<撮影場所>稲取港

大きな地図で見る
熱海からは車で約1時間20分。
電車だとJR伊東線〜伊豆急行「伊豆稲取駅」下車。徒歩約6分。
 
港ではお刺身も食べたのですが、そのリポートはまた後日!

【おすすめカメラ】
  

【おすすめ本】画像設定などはこの本の作例を参考にしています。

伊豆でわさび丼を食らう

せっかく伊豆に引っ越してきたのだから、たまには伊豆のご当地グルメも堪能したい!

ということで、休みの日に車を走らせ、
河津町にある“わさび丼”のお店へ行ってみる事にしました。
 
伊豆高原から車で約50分。(熱海からは1時間半くらい)
「わさび園かどや」というお店へやってきました。
 
かどや店舗
「わさび園かどや」
地図:Googleマップ
住所:静岡県賀茂郡河津町梨本371-1
電話:0558-35-7290
営業時間:9:00~17:00(らしいが僕が行ったときは9:30オープン)
定休日:不定休
(出典・参考:食べログ
 
駐車場も完備。砂利場ですが10台そこそこは置ける感じです。
バスの停留所も近くにあり、頑張ればたぶんバスでも来れそうか。(河津七滝バス停留所下車)
 
 
こちらのお店は2013年の夏、TVドラマ「孤独のグルメSeason3」で主人公の五郎が
訪れてたことで一時期話題になったお店だそうです。
サイン
しかし、到着が午前中だったからか客は僕のみでした。。ちと早すぎたかな。(笑)
 
 
それでもまあブランチにわさび丼というのはヘルシーかも。
そのまま席について、ざるそば付き「わさび丼セット1,000円」を注文してみました。
(単品は400円 その他色々なわさびやそばのメニューあり。)
 
 
しばらくしたら、生わさび1本だけが最初にやってきました。
かじるのか?いや、待っている間擂れということらしいので。
生わさび
茎部分を折ってそこから、丸く円を描くように擂るのがコツだそうです。
このセルフが楽しんよね〜。
 
 
擂り終わったころ、いよいよお待ちかねのわさび丼が運ばれてきました。
わさび丼セット
&結構ボリュームのあるざるそばです!

擂りたてのわさびを、おかかをまぶした白飯に入れます。
そして醤油をかけたら・・・はい、わさびどーーーんの完成です。

気になるお味は。。

あれ?ただのねこまんまじゃねえか・・?!
そう思った次の瞬間

うううっ!!

生わさびのツーーーーーンがキターーーーーーー!
わさび丼2
織田裕二の絶叫くらいキターーところで、これは美味い!
いや、痛(イタ)美味いでありますぞ!!

新鮮な生わさびの刺激(ワサビーム)が脳に突き刺さります。
そしてこれが癖になります。

横に付いてあるわさびの漬け物的な物といっしょに駆け込み
あっという間に完食しました。

・・・一方ざるそばは無難な感じで、全然印象に残らなかったそうな。(ちーん)

こちらへ来て一番最初のご当地グルメ
我に返りふと1000円て高いな・・・と思いつつも、
四方を山に囲まれたまさに大自然の中で食べるわさび丼は本当に美味しかったです。
遠出して来た甲斐がありました♪
 

 
が、

あとで気づきました。
あまりにもシンプル故、自分ん家でも簡単にできるってことを。

今じゃ毎晩のように、練りチューブでわさび丼です。(ふふっリーズナブル)

そこに海がある暮らし

さてここはどこでしょう・・・。

港
本州のちょうど真ん中辺りのお腹側。静岡県の伊豆半島にある小さな港町です。

そして、ここが僕の新しいフィールドであります。

去年の9月に長年勤めていた大阪の会社を辞め、転職でこちらへやってきました。

自分でも転職は関西か四国だろうと思い込んでいたのもあり、
お声がけ頂いてからも勤務地が静岡県になるっていうことは、正直実感が持てずにいました。

しかしあれよあれよと話が進み、2013年の12月初旬には現地入り。
プライベートですら訪れたことがない伊豆半島での新生活が始まりました。

それから約1ヶ月半が経過。仕事や生活にもようやく慣れはじめ、
色々な手違い等で全然繋がらなかったネットも今週やっと開通したという流れです。

そしてブログも本格的に更新です。

大室山
ざっくりと書いた12月から現在までですが、その間色々ネタになりそうな
物や観光地など、るるぶ片手に休みの日に出かけています。

伊豆は行楽地ということもあり、いろんなスポットがいっぱいです。
全然回りきれていないです。

地図
これから少しずつですが、訪れた場所をブログにてご紹介していければと思います。

もちろん猫たちも撮り始めていますよ!
港猫
(FUJIFILM XF1)

半島の周囲いたるところ漁港があり、猫もたくさん住んでいる模様。
伊豆中の港を巡り、伊豆猫を撮りまくりたいところです。

思い起こせば去年の今頃「三都猫絵巻」に向けて神戸猫を追っかけていましたが、
今まさかの静岡県。そしてそこに海がある暮らし。(海辺に住んだ事なんて無かった。)
人生どこでどうなるかわからんですな。

Page 20 of 46« First...10...1819202122...3040...Last »

About Me

icon_avatar
Ryusuke(りゅうすけ)
徳島県生まれ。四国&関西での生活を経て伊豆半島へ。2015年8月からは転勤で東京暮らし。このブログでは各地で見かけた猫や景色の写真を掲載しています。どうぞよろしくお願いします。→プロフィール詳細

Latest Post

Archive

New Comment

Instagrams

 

フォトニャンについて

当サイト、ブログ内で掲載している写真、文章等の無断転載・使用・配布はお断りしています。
お問い合わせや、写真使用のご依頼等は「メールフォーム」より受け付けていますので、ご利用ください。