神戸・猫絵巻(その6)

前回に引き続き今回も「神戸・猫絵巻」で展示した猫たちです。
神戸の市街地を経て港(海)へ向かいます。

No.14
14t人の街に生きる
【title】「人の街に生きる」(場所:神戸の市街地)
【caption】気づかれぬよう息を潜めて。それが彼なりの生き方。
【camera】Nikon D90

【撮影エピソード】
No.13の「ビル影にひとり」と同じく、街に生きる猫です。
彼らの視線にできるだけ近づいた写真を撮りたくて、オシャレな神戸街並から一歩入った
裏路地を這うように猫目線で探索する日々。南京町の賑やかな通りの様子を息を潜めて伺う茶白と、
その後ろでさらに息を潜めてシャッターを切るRyusukeで成り立った1枚です。(笑

No.15
15m真夏の朝のシルエット
【title】「真夏の朝のシルエット」(場所:神戸のみなと)
【caption】木陰に佇む小さくも確かな存在。
【camera】Nikon D90

【撮影エピソード】
真夏の早朝、神戸港近くの公園で撮った1枚です。主に商業や工業、観光などで利用されている
港ですので、漁港でない限り猫は居ないだろうと思っていましたが・・・いた。

No.16
16m秋口の海
【title】「秋口の海」(場所:神戸の海岸)
【caption】夏も過ぎ、ようやく落ち着きを取り戻した須磨海岸です。
【camera】Nikon D90

【撮影エピソード】
神戸の海のイメージ言えば、神戸港の風景の他に須磨海水浴場が浮かんできます。
本当は夏場に撮りたかったんですが・・・そうです、夏の海辺をデカいカメラ持って
歩いていたら盗撮云々と怪しまれてしまいますので、海水浴シーズンが終わった
秋口に撮りにいきました。静かでどこか哀愁が漂う須磨海岸も僕は好きです。

神戸猫ツアー、次回はついに最終回です。
ちょうど1年前の今日24日、三都猫絵巻がスタートしました。
時間経つの早いな〜。

次回へ続く

【神戸・猫絵巻シリーズ】
その1 その2 その3 その4 その5


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About Me

icon_avatar
Ryusuke(りゅうすけ)
徳島県生まれ。生息地は伊豆半島。このブログでは各地で見かけた猫や景色の写真を掲載しています。どうぞよろしくお願いします。→(プロフィール)

Latest Post

Archive

New Comment

フォトニャンについて

当サイト、ブログ内で掲載している写真、文章等の無断転載・使用・配布はお断りしています。
お問い合わせは「メールフォーム」より受け付けています。